梅雨前線や湿舌などについて習得をしました

前線などについて実習しました。日本では6月収中旬位から約1か月ほど、曇りや降雨のお日様の貫くところが多いです。これを梅雨とよんでいらっしゃる。地球全体を見極める状態、梅雨は東アジア域だけに行き渡る特異な病状だ。インドおよび東南アジアに固有の雨季は、インド洋から大陸に吹く高温多湿の季節風、すなわち夏場のモンスーンによるものです。これに対して梅雨は、中緯度に東西に長くのびる前線の泥沼による雨季だ。オホーツク海と太平洋に高気圧があり、こういう2つの高気圧の間に梅雨前線が停滞していらっしゃる。梅雨前線はオホーツク海高気圧と北太平洋高気圧という動向の違う2つの気団の境界近所にできます。北太平洋高気圧は、太平洋の亜熱帯高圧帯の西端だ。フィリピン科目から北太平洋高気圧の西つながりを回り込むように梅雨前線の南西側に流れ込む、西から東に舌状にのびる多湿の気流(湿舌)によって、梅雨末期には暴風雨や活動雨が掛かることがあります。実に勉強になりました。