課題やディスプレーなどについて勉強していた

管理について学習しました。デスク最高峰すべての広さを、一つのアプリで使いたい場合は、称号バーをダブルクリックするか、ボタンをクリックして、ディスプレーを最大化行なう。また、一時的にほかのアプリを使いたい場合は、最小化のボタンをクリックしてディスプレーを最小化するか、元に戻すボタンをクリックして、ディスプレーのがたいを調節します。最小化したディスプレーを元のがたいに立て直すには、課題バーのボタンをクリック行なう。表スタイルソフトなど一部のアプリは、一つの親ディスプレー内に複数の子ディスプレーを一気に開いて操作することができる結果、おんなじ体裁をしたボタンが並んでいます。親ディスプレーのがたいを置き換えるには上っ面のボタンを、子ディスプレーは内側のボタンを操作します。ディスプレーのがたいは使いやすいがたいに調節すると操作し易いだ。最大化されていないディスプレーのがたいを置き換えるには、ディスプレーの境界にマウスポインタ合わせてフリーのがたいになるまでドラッグ行なう。こういうシーン、マウスポインタの体裁が両矢印になることに注意します。管理について分かって良かったです。

久しぶりに衝撃を受けた映画『儲け妖怪』

いま、時間に余剰があった『財産化け物』という動画を見てきました。株価を使うバラエティプランに銃を有するダディが乱入し、司会人間を人質に取った上で株価が意図的に抑制されていると主張します。最初は意気ごみ犯かと思われたのですが、プランのクルーが調べていくと、次第にダディの言うことが実相であることが暴かれていきます。ストーリーの展開としては無難ではありますが、一部のパーソンによってお金が動かされ、善良な人々の運命がおかしくなってしまうという資本方針・資本マイホームの熱狂を賢くまとめ上げていらっしゃる動画だったと思います。何となく近い将来に同じことが生ずるのではないかと思わせるほどのリアリティーの生じる動画で、久しぶりに大きな衝撃を受けた動画でした。更に、全体の後ににじみ出る世界の上方1%に属する先方を模して歌われるラップは、社会ではたらく全ての人が敢然と耳を傾けて、自分がいる後片付けを把握するべきだと感じました。賃金に動かされるか、人として通じるのか。きつく掘り下げれば掘り下げるほど、多くのことを考えさせられる動画だ。